使用済みのコンドーム

20170131123147eac.jpg
考えてるんじゃなくて
ずっと想ってるん
  1. 2017/01/31(火) 02:28:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪が白くて
空が青くて
風が痛くて
川が流れて
山が答えて
靴が濡れて

光が射してるの
  1. 2017/01/16(月) 15:27:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会いたい心はポッカリと浮かんで
空回る糸すっかりちぎれた
目を凝らし堪えきれぬほどの速さは掴めない
休息に足りない
噛みしめ味わった錯覚が全て
感じ取る手一杯に満たす
流れるあの場所へ
傷あわてて舐めて癒す
言葉は途切れたまま
怯んだ空を見たいのは
アマイカゲ
音を掴んで 肌に吸い付く感触は
やりきれない切なさをも遠ざける
震えたあの言葉 影さえぎる
肩越しに揺らいで見える風が
来る朝に涙見えても二人は立つ
見守った道通り過ぎるまで
思い焦がれて 探させずに
いた夢のありか
音を震わせ抱き合って感じる時を
爪の先まで夜は待ち遠しい
震えたあの言葉 影さえぎる
肩越しに揺らいで見える風が
来る朝に涙見えても二人は立つ
見守った道通り過ぎるまで

アマイカゲ
  1. 2017/01/15(日) 15:41:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光と影の距離
光と影の時
  1. 2017/01/14(土) 02:51:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少し日がのびました
  1. 2017/01/13(金) 17:19:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会いたい人を 指折り数えて
会えない人だけ 溢れて 零れて
失くし物に 馴れ過ぎた

この手が満ちる時
血まみれ 鮮やかに巡る
遥か果て無く 愛しい日々よ
ひかるひかる 今も美しきもの
どうか私に 強い力を

流れ逝く舟に さぁ 手を振って
与えられた 10と10の指
使い熟せない 銃と10の杖
茜の虹 瞬く間に 次の波が還る
教えて どこまで走ろうか

もしも夜明けが 眩しいのなら
もっともっと 高く晴れ渡るなら
痛い雨なら その矢を受けて
流れ行く川に新しい舟を

亡くし物に 馴れ過ぎた
この手が満ちる時
血まみれ 鮮やかに巡る 遥か
遥か果て無く 愛しい日々よ
ひかるひかる 今も美しきもの
どうか私に 強い力を

未だ見ぬ海で 月は輝く
もしも夜明けが眩しいのなら
もっともっと 高く晴れ渡るなら
痛い雨ならその矢を受けて
そしてきっと ここに
あなたが居て
  1. 2017/01/12(木) 16:21:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今、黒いワンピースの娘に
今の気持ちをつたえた
きっと友達は、20以上若いのに
もったいないって言うだろう
  1. 2017/01/12(木) 03:24:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沼の底にいるって言われても
ぼくは何にも出来ないよ
ぼくは何にもしたくない
天気の話で誤魔化す
音楽の話で誤魔化す
世間話で誤魔化す
  1. 2017/01/11(水) 11:48:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

33

とても小さな窓のそばで
僕らは凍える 笑顔のままで
カレーの香りは君と同じで
やさしくて小さくて忘れてしまいそう

東京の冬は今日も寒すぎて
マフラーを君と同じに巻いてみる

さようなら愛してる
これからもきっと
忘れない? 忘れるよ
これからもずっと

カレーの香りは君と同じで
やさしくて小さくて忘れてしまいそう
  1. 2016/12/09(金) 02:53:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼくは何でも話すけど
何でも話すからって
こころ見せてるわけじゃない
  1. 2016/12/07(水) 03:03:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ